カナディアン・ロッキー 人気の湖ベスト10! あなたのお気に入りはどの湖?

カナディアン・ロッキーという土地から、あなたはどんなイメージをしますか?

カナダにある山だから寒くて雪の積もった険しい山、という方が多いんじゃないでしょうか。

たしかに夏でも解けない万年雪もあります。

でも、夏は気温が25度にもなり、乾燥していてとっても過ごしやすい山岳リゾートなんです。

日本でいうと、軽井沢のような避暑地のイメージ。

軽井沢と違うのは、造山活動によってできたカナディアン・ロッキーの風景でしょう。

日本では見られないダイナミックな山々や、氷河の解け水がそそぐ色鮮やかな湖。

この記事では、お客さんから人気のある「バンフ、レイクルイーズ周辺の湖ベスト10」を紹介します。

 

山々に囲まれた色鮮やかな湖たち

  【10位】 レイクミネワンカ

全長21キロメートル、もっとも深い部分は142メートルもある大きな湖。

実はこの湖は1912年にダムを造ったことによってできた人口の湖で、湖底には村が沈んでいます。スキューバ・ダイビングのツアーも催行される面白い湖。

また、バンフ国立公園内では唯一エンジン付きのボートをつかうことが認められていて、遊覧船ツアーに参加することもできます。

 

 

  【9位】 レイクマッカーサー

秘境レイクオハラからのびるハイキングトレイルを歩くとたどり着ける湖。

印象的な青色が人気で、この色を見るために普段山登りをしない人が数時間かけてハイキングをしにきます。

トレイルはしっかりと整備されているので、ちゃんとした登山靴があれば初心者でも歩けるコースです。

ただし、このあたりは1日に42人しか入ることができない特別な保護エリアです。日本人の旅行者は、ツアー会社がチケットを確保している分を購入するしか方法がないので、もし行くことができたらラッキーな場所。

 

  【8位】 ウォーターファウルレイクス

ウォーターファウルというのは「水鳥」という意味。

実際はあんまり水鳥の姿を見ないんですけど、湖そのものが美しいので誰も文句は言いません。

ツアーの行きと帰りでは太陽光のあたり方が違うので、少し色が変わるので写真に撮って比べてみるのも面白いですよ。

 

  【7位】 バーミリオンレイクス

バンフの街から歩いて見に行ける湖です。

バーミリオンとは「朱色」という意味で、夕方は湖と周りの山々が朱く(あかく)染まります。

湖といっても水位は低いので湿地帯のようになっています。春先は水鳥が集まり、湖畔にはビーバーが住んでいます。さらに運がいいとムース(ヘラジカ)を見ることもできるので、ア動物好きな人は行ってみて下さい。

 

  【6位】 トゥージャックレイク

バンフ発着の星空ツアーはこの湖に来ることが多いです。

満点の星空が反射するトゥージャックレイク、肉眼でも天の川をクッキリと見ることができます。夜のカナディアン・ロッキーをロマンティックに楽しめるのがこの湖。

バンフからバスが出ているので、お昼なら自分で行くこともできます。

 

  【5位】 ボウレイク

標高1920メートルと、かなり高い位置にある湖です。周りの山々は氷河を抱くものもあり、風が吹くとけっこう寒いところ。

ボウレイクだけでなく、ボウ滝、ボウ川、ボウ谷など、ボウという名前のついた地名が多いんですが、「ボウ」というのは「弓」という意味です。このあたりにあるヤナギの木を加工して、弓を作っていたことが由来になっています。

 

  【4位】 エメラルドレイク

エメラルドレイクという名前の通り、湖面はエメラルドグリーンの綺麗な色をしています。

一周すると5.2キロメートル、2時間くらいでハイキングできます。またカヌーもできるので、見るだけじゃなくアクティビティ好きなひとにオススメ。

湖畔にレストランやカフェもあるので、ここだけで一日過ごすこともできます。エメラルドレイク・ロッジというホテルもあるので宿泊もできますよ!

 

  【3位】 レイクルイーズ

「カナディアン・ロッキーの真珠」と形容されるレイクルイーズ。

日本人にとっては、カナディアン・ロッキーといえばレイクルイーズといわれるくらい有名な湖です。

湖畔にあるお城のような建物はフェアモントの高級ホテルです。

 

  【2位】 ペイトーレイク

まとめ

バンフ発着の「コロンビア大氷原ツアー」で立ち寄る湖で、お客さんが1番驚くのがペイトーレイク。

人気の秘密は湖の色にあります。

カナディアン・ロッキーは氷河の解け水が流れ込む湖が多いんですけど、高い位置から見ることでより鮮やかな色で見ることができるんです。

ペイトーレイクの展望台は湖面より200メートルも高い位置にあるので、湖の青さが鮮やかに見えるというわけ。

ぜひ自分の目で確かめにきて下さい。

 

【1位】 モレーンレイク

息を呑むような美しさのモルゲンロート(山を照らす朝焼け)が見られるモレーンレイク。

通常のツアーではお昼前後に訪れる湖ですが、もしも可能なら早朝の静かなモレーンレイクに行ってみて下さい。

静けさの中、自分がカナディアン・ロッキーにいるということを、より強く実感できるはずです。

 

まとめ

カナディアン・ロッキーの湖はどれも本当に美しく、思わず歓声を上げてしまうような絶景です。

このランキングは、ぼくがガイドとしてお客さんを案内したときに聞いた印象をもとに作りましたが、本当は順位をつけることなんて無粋だと思っています。

それぞれの湖に個性があるので、できたら全て訪れてほしい。

この記事で紹介した湖は、ほとんどがツアーに参加すれば行くことができます。

もしあなたが海外旅行の計画をしているなら、ぜひぜひバンフ・レイクルイーズへの旅を考えてみて下さい。

旅のなかでカナディアン・ロッキーを身体で感じることで、きっと人生の特別な思い出になる。

あなたの旅が最高のものになりますように!

 

カナディアンロッキーのツアー予約はコチラから

VELTRAで現地ツアーを予約する

 

こんな記事もあります

カナディアンロッキー旅行に持って行くべきものは? 在住者のおすすめ持ち物リスト 5分で出来る。カナダ旅行に必要なeTAの申請方法【2018年最新版】

 

コメントを残す