カナディアンロッキー旅行にオススメのガイドブックまとめ

カナディアンロッキーのガイドブックっていろんな種類があるけど、どれを選んだら良いんだろう?

間違った情報が載ってると困るから迷っています。

そんな疑問を持っている人に読んでもらいたい記事です。

 

地球の歩き方 カナダ西部版

定番中の定番。一部では「地球の迷い方」なんて揶揄されていますが、なんだかんだ言って日本語のガイドブックとしては1番優秀です。

カナディアンロッキー旅行をする人はバンクーバーやイエローナイフにも行く人が多いですが、これ一冊で網羅されているので荷物がかさばらなくていいですね。バンフ市内の地図もわかりやすいので、街歩きも安心です

ガイドとしてもオススメできる一冊。

【アルバータ州】カルガリー、バッドランド、ドラムヘラー、ウォータートン・レイク国立公園、グレイシャー国立公園、エドモントン
カナディアンロッキー】バンフ、カナナスキス・カントリー、キャンモア、レイク・ルイーズ、クートニィ国立公園、ヨーホー国立公園、ジャスパー、マウント・ロブソン州立公園、ボウ・バレー・パークウエイ、アイスフィールド・パークウエイ

引用:Amazon

など、カナディアンロッキー周辺の情報が充実しています。

 

 

るるぶ カナダ版

カナディアンロッキーの特集記事がたくさん載っています。写真が多いガイドブックが好きな人はるるぶをオススメします。

ただし、地球の歩き方に比べると文字の情報は少なめ。内容が薄い感じがします。旅行中に読む本というよりも、旅行前にイメージを広げるために読む本という印象です。

Kindle Unlimitedに登録している人は無料で読むことができるのでお試しあれ。

【本誌掲載の主な特集】
<カナディアン・ロッキー>1)人気のレイク・ルイーズ、ヨーホー国立公園、アイスフィールド・パークウェイ、コロンビア大氷原特集
2)初心者も楽しめるハイキングコース 7(サンシャイン・メドウズ、レイク・オハラ、レイク・ルイーズなどを回るコース)
3)ロッキーで見られる花々や野生動物
4)乗馬、ラフティングなどのアクティビティ

引用:Amazon

 

 

旅の指さし会話帳 カナダ版

英語に自信のない人はこれ一冊あるとだいぶ助かります。

空港、ホテル、レストランなど、シチュエーションに応じた英語のフレーズがイラスト付きで書かれていて、見ているだけでも楽しめる内容。外国人からの受けも良いので、これ一冊あると現地の人とのコミュニケーションが盛り上がります

Kindle版やアプリもありますが、はっきり言ってオススメしません。この手の本は見たいページをすぐ開けないと意味がありません。電子書籍はパラパラっとめくってページを探すことができないので、使いづらいです。

 

 

カナディアンロッキーのハイキング・ガイド/高山植物

カナディアンロッキーの名ガイド、秋山裕司氏が執筆したハイキングトレイル専門のガイドブック。

僕自身もかなりお世話になっている本です。カナディアンロッキーにある45のハイキングコースが地図つきで載っていて、はじめて歩くトレイルは必ず持っていってます。

地図が見やすく、分岐や迷いやすい部分に注釈があって、わかりやすい構成になっています。トレイル毎に難易度がかかれているので、自分に合ったコースを選択できるのもこの本の良いところ。

コースタイムはかなり甘めに設定してあるので、休憩をはさみながらゆっくり歩いてちょうどいい感じ。ハイキング初心者向けに優しく書かれています

現役のハイキングガイドが執筆した、カナディアンロッキーのハイキングガイドブックの決定版。
カナディアンロッキーを代表するハイキング、45コースを完全図解。
バンフ国立公園、ヨーホー国立公園、クートニー国立公園、ジャスパー国立公園、ウォータートン・レイクス国立公園、マウント・ロブソン州立公園、マウント・アシニボイン州立公園をカバー。
綺麗な写真を多く使用し、見ているだけでも楽しくなる構成。
28編のショートコラムも掲載し、トレイル以外の現地情報が紹介されている。

引用:Amazon

 

こんな記事もあります

レイクルイーズ 誰もが美しいと讃える神秘の湖への行き方おしえます。 絶対にインスタ映えする湖、モレーンレイクの楽しみ方と行き方おしえます。

コメントを残す