【ワーホリ必見】カナダでタックスリターンしたら1500ドル以上返ってきたから、やってない人は絶対にやるべき。

カナダでワーホリしている皆さん、そろそろインカムタックスリターンの季節ですが、準備はすすんでいますか?

「インカムタックスリターン?なにそれ?」

と思ったあなた。知らないままだと損します!人によっては1000ドル以上戻ってくる場合もあるので、面倒臭がらずに申請しましょう。

この記事では、ワーホリの方向けに、オンラインで出来るタックスリターンの方法を紹介します。

そもそもインカムタックスリターンって何?

カナダで働いた場合、所得税(インカムタックス)をカナダに払わなければいけません。どうやって払うかというと、給料から天引きされています。ここにひとつ重要なポイントがあります。

注意
ワーホリで働いている人のほとんどは、過剰に所得税(インカムタックス)を払っている 

こう書くと、国に騙されているような気がするかもしれませんが、実はシステム的に仕方ないことなんです。

というのも、正確なインカムタックスは1年分の収入をもとに計算されるので、週や月単位では正確な計算はできません。

なので、雇用主はペイチェックのたびにのだいたいのインカムタックスを想定して給料から天引きしています。このとき、通常はインカムタックスを多めに申請しています。

年が変わると、正確な払うべきインカムタックスがわかるわけですが、会社が想定して支払っていたインカムタックスと、本来のインカムタックスには必ず差が生じます。

その差額を受け取るために、インカムタックスリターンの申請をする必要があるというわけです。

 

カナダのタックスリターンで用意するもの

  • T4(日本の源泉徴収書のようなもの)
  • 医療費の領収書
  • TTCのパスカード

T4は2月末までに前年分を、雇用主が作成して渡してくれます。もしもくれない場合は、ちゃんと催促しましょう。法的な義務なので、強く言っても大丈夫です。

MEMO
すでに日本に帰国していても、メールにT4のPDFを添付して送ってもらえば大丈夫です。 

医療費やパスカードなどは、当てはまらない人は不要です。

 

Turbotaxを利用する

個人でインカムタックスリターンをする場合は、Turbotaxというサイトを使うと便利です。

▲ページトップにある[Sign in]をクリックします。

 

▲今回は2017年のインカムタックスリターンの申請をするので、「Start or Continue My 2017 Tax Return」を選択します。(過去のタックスリターンをしたい場合は、該当するものを選びます)

 

▲TurboTaxでは4つのプランが用意されています。ワーホリ、WorkPermitや永住権で独身、収入は会社からの給料だけという人は無料のFreeプランで問題ありません。

Contenueをクリックし、次のページでEmailアドレスやIDなど必要事項を入力して「Create account」をクリックしたら準備完了です。

個人情報を入力

▲名前や生年月日、ソーシャルインシュアランスナンバー(SIN)を入力します。

 

 

▲以下のようなことを聞いています。

  • あなたはカナダの市民権を持っていますか?
  • あなたはカナダ先住民ですか?
  • CRAを利用したタックスリターンははじめてですか?
  • 2017年分以前のタックスリターンもしますか?

ワーホリの場合、おそらく3つ目以外はNoだと思います。

 

▲2017年12月31日にどこに住んでいましたか?/2017年に州を移動しましたか?

 

▲2017年にカナダから移住しましたか?

 

▲個人情報を入力します。

 

T4の情報を入力

▲Addをクリックし、[T4 Employment Income]を選択、[Add T4 for 〇〇(自分の名前)]をクリックします。

 

▲雇用主から送られたT4を見ながら、必要事項を入力します。

T4には、それぞれの欄に数字が割り振られているので、数字の通りに注力していけばOK。すべての項目を埋める必要はないので、自分のT4に記載されているものだけで大丈夫です。

数字の打ち間違えや、入力箇所などを間違えないようにしましょう。

 

▲T4のサマリーを確認し、[Done with T4 Slips]をクリック

 

▲以下の項目も必要に応じて入力します。

  • RRSPs
  • Deducations
  • Provincial

その後、Reviewで最終的な確認をします。

 

▲これで書類作成は終了です。あとは書類を提出すれば、数週間後にタックスリターンを受けられます。

お疲れ様でした!