Amazonで「賢く」買い物する方法

【決定版】カナダ旅行でお得に両替する方法。 結論:クレジットカードのキャッシングがベストです。

【決定版】カナダ旅行でお得に両替する方法。 結論:クレジットカードが

オーストラリアでお得に両替する方法を知りたいです。10万円ほど両替するので、損したくないです。お得な両替方法を、初心者でもわかるように解説してください。

こんな疑問をもつ人に読んでもらいたい記事です。

カナダでお得に両替する方法【決定版】

カナダでお得に両替する方法【決定版】

結論からいうと、クレジットカードのキャッシングが一番おトクです。

キャッシングとは
海外のATMで、クレジットカードを使って現金を引き出すことです。

キャッシングする理由:手数料が安いから

よく海外に行く人からしたら当たり前の話ですが、海外キャッシングは手数料が安いです。

  • 日本の銀行や空港でカナダドルに両替する → 手数料が高すぎる
  • カナダでの空港や街でカナダドルに両替する → 手数料が高すぎる
  • カナダでキャッシングする → 手数料がわりと安い

簡略化して記載していますが、上記のとおりです。

少しだけ詳細を書くと、両替所だと「1ドルで約3円くらいの手数料」がかかったりしますが、クレジットカードのキャッシングだと「1ドルで約1円くらいの手数料」に収まるイメージです。細かい計算はググってみてください。

キャッシングは危険じゃないです

大半の人は「キャッシング=借金=悪」と考えていますが、、頻繁に海外渡航する人からしたら当たり前のことです。

わたしは、カナダに限らず海外行くことが多いですが、日常的にキャッシングしています。そしてキャッシングの手続きはとても簡単です。

また、両替所は街に数件しかないうえに場所によって手数料が違います。ATMは街なかにたくさんあり、手数料も一定なのもメリットです。

カナダのATMで海外キャッシングする手順

カナダのATMで海外キャッシングする手順

  • 手順①:ATMにクレカを挿入して、キャッシングする
  • 手順②:その場で現金を受け取る
  • 手順③:キャッシングしたお金は、翌月に引き落される

これだけです。ここは記事後半で「画像付き」で解説します。

そして、さらにお得に引き出したい場合は「キャッシングの繰り上げ返済」をしたらいいのですが、これだと「海外から日本のクレカ会社に電話しないといけない」という状況になるので、ちょっと手間です。

カナダ旅行でおすすめなクレジットカード3枚

海外旅行に行くなら、3枚くらいはクレジットカードを所持すをることオススメします。

たまに「海外のATMで、なぜかクレジットカードが動かない」という状態に陥ったりします。キャッシングだけでなく、レストランや買い物の際にも起こりえるので、わたしは複数持ちをしています。

上記の3枚でいいと思います。

現在わたしは、三井住友カードをメインに使っています。キャッシングもできますし、お店でも問題なく動きます。楽天カードでももちろん大丈夫です。

そして、保険として「プリペイドカード」も持っておくといいかなと思います。
クレジットカードだと「人によっては、限度額が少ない」という状況になりますが、プリペイドカードなら、お金を入れておけば、いくらでも海外で引き出せるようになるので安心です。

現金は、なるべく持ち歩かない方がいい

両替するならクレジットカードのキャッシングがオススメです。ただカナダでは、ほとんどの店で「クレジットカード決済可能」です。

なので、両替すると手数料が無駄になるし、現金を持ち運ぶと危険だし、、、という理由から、なるべく「クレジットカード決済して、キャッシュレスで旅行する」という方法をオススメします。

カナダのレストランではチップもクレジットカード決済

カナダのレストランではチップもクレジットカード決済

チップの払い方は国によって様々です。カナダのレストランでは、9割以上の人がクレジットカードで決済します。

カナダのレストランの会計方法
  1. 食事をする
  2. お会計を頼む
  3. カード決済の機械にクレジットカードを挿す
  4. 店員が料金を入力
  5. 自分でチップの%を入力
  6. 決済完了

といった具合です。

例えば、会計が78ドルで15%のチップを払いたい場合、クレジットカードを渡し、カード決済の機械に15%と入力するだけでチップを払うことができます。これが現金で支払う場合、計算が面倒ですよね。

旅行慣れ指定ない人や英語が苦手な人は、クレジットカードで面倒なく支払いを済ませるのが手軽でいいと思います。

注意点:安全な場所のATMを使いましょう

わたしはが海外でATMを使うときは「銀行内 or ホテル内 or 空港内」のATMを使っています。

道端にもATMが設置されていたりしますが、スキミングできるように改造されていたり、まれに壊れていたりする場合があります。

カナダでは基本的には大丈夫ですが、途上国など、他の国では注意しています。