【海外登山】登山初心者にオススメ!レイクルイーズからビッグビーハイブ頂上までトレッキング

ビッグビーハイブのハイキングトレイルについて紹介します。初心者でも登れるお手軽なコースで、ふだん運動をしない人でもかんたんに登ることができるオススメのトレイルです。ビッグビーハイブ頂上からながめるレイクルイーズのターコイズブルーはなんともいえません。

ビッグビーハイブの場所・行き方

バスで行く

ビッグビーハイブの登山口はレイクルイーズにあります。バンフからレイクルイーズをむすぶシャトルバスはいくつかありますが、Brewstarバスを利用した方法を紹介します。Brewstarはカナディアンロッキーのホテルや観光アクティビティ、シャトルバスなどを運営する会社です。現地のツアー会社としてはもっとも大きいので安心して利用できます。

 

料金

片道 $28(子ども$16)
往復 $55(子ども$28)

 

発着時間(行き)

バンフ発 11:00 12:00 13:00 14:00 15:15 17:45 19:30 20:45
レイクルイーズ着 12:00 13:00 14:00 15:00 16:15 18:45 20:30 21:45

発着時間(帰り)

レイクルイーズ発 06:15 08:15 10:15 12:15 14:00 15:30 17:15
バンフ着 07:30 09:30 11:30 13:30 15:15 16:15 18:30

 

バス予約方法

  1. Brewstarのバス予約ページにアクセスする
  2. 往復(Round Trip)、片道(One Way)を選択する。
  3. 行き(DEPARTING ON)、帰り(RETURNING ON)の日付を選択する。
  4. 乗車地と、降車地を選択する。
    ※通常は[バンフの滞在ホテル]から[Fairmont Chateau Lake Louise]を選択。
  5. SEARCHボタンを押し、発着時間を選択、ADD TO CARTで決済場面へ移動します。
  6. クレジットカード情報などを入力して支払いをします。

 

カードでの決済ができない(したくない)場合は、現地Banff Brewster Bus Stationでバスの予約購入ができます。

 

レンタカーで行く

バンフのダウンタウン(中心街)にあるレンタカー会社AVISで車を借りることができます。
※日本人旅行者がレンタカーを借りるためにはパスポート、国際運転免許証が必要です。

1日のレンタルなら$40前後。ホテルに駐車場が無い場合でも、観光後に返すことができるので便利です。

他に保険代やガソリン代などがプラス$50ほどかかりますが、バスを利用するよりも時間に融通がきくのが良いですね。

バンフの街からレイクルイーズまでは45~60分ほどで到着します。

注意
注意 7,8月のハイシーズンはレイクルイーズの駐車場が満車で入れないこともあります。この時期に行く場合は朝7時くらいに到着できるように出発してください。

 

トレイルヘッド(登山口)へ

駐車場まできたらトレイルヘッド(登山口)はすぐそこです。駐車場にトイレがあるので、ここですませておくといいと思います。

レイクルイーズ正面のビューポイントから、右に湖沿いを歩いていきます。湖沿いを歩くコースと、森に入っていくコースに分岐しているので、森に入っていくコースに進みます。

 

ビッグビーハイブ トレッキング

[aside type=”boader”]

コースタイム

登り:3~3.5時間

下り:2~2.5時間 

歩行距離:9.9km

標高

登山口標高:1801m

頂上標高:2238m

標高差:437m

持ちもの

  • 履きなれた登山靴
  • レインウエア
  • バックパック(30リットル前後)
  • 水(1リットル以上) [/aside]

 

ゆっくり森林浴

レイクルイーズの湖畔から分岐をまがり森に入っていくと登山口に到着します。

ここからゆるい坂道を登って歩きはじめます。

針葉樹の森にはいって、湖全体は見えなくなりますが、

木々のすきまからレイクルイーズの色がチラリ。

氷河湖は高いところから眺めるとより鮮やかな青に見えるという特徴があります。

 

最初の目的地 ミラーレイク

1時間ほど歩くと見えてくるのがミラーレイクという湖。

ちょうどいい休憩ポイントで、たくさんの人が湖畔に集まっています。

正面には目的地であるビッグビーハイブがそびえ立っています。

この角度から見るととても登れそうにない断崖絶壁。

本当にあんなところまで登れるのか不安になっちゃいますね。

大丈夫。

裏側にまわると、ちゃんと道があるんです。

このあたりにはナッツクラッカーという野鳥がたくさん生息しています。

人に慣れているのでエサをねだってきますけど、写真のようにエサを与える行為は国立公園内では禁止になっているので注意です。

 

ミラーレイクを出発すると少しずつ木が少なくなり、視界が開けてきます。

だんだんと標高が上がってきたのを実感しつつ、ボウバレーのパノラマビューを楽しみましょう。

ティーハウスで小休止

ミラーレイクから15分ほど歩くとふたつめの湖、

レイクアグネスに到着します。

9月中旬に撮った写真なので、ラーチ(カラマツ)の葉が黄色く色づいて綺麗ですね。

湖畔には有名なティーハウスが。

1906年に造られた歴史ある建物です。

お洒落でかわいらしいティーハウスですが、

コーヒー1杯7.5ドルと値段はかわいくありません。

ちなみに、このレイクアグネスまでは馬に乗って来ることもできます。

ただし、お尻がかなり疲れるし、歩かないからけっこう寒い・・。

 

頑張りどころのスイッチバック、登りきった先には・・

湖畔をぐるっと周り、すこし岩場を歩きます。

滑って転ばないように気をつけながら歩きましょう。

そして最後の難所(?)のスイッチバックです。

20分くらいの急登ですが、ここを登りきったら展望台まであと少し!

 

ビッグビーハイブ展望台に到着!

スイッチバックの区間を抜けたら、あとは平坦な道を少し歩くだけ。

5分ほど歩くと見張り小屋が見えてきます。

レイクルイーズの独特な青色、ダイナミックなボウバレーの広がりに、

しばし時間を忘れて撮影タイム。

フェアモント シャトーレイクルイーズが見えます。

色が白くなっている部分は、氷河の解け水がレイクルイーズに流れ込んでいる様子です。この白濁した水(ロックフラワー)が湖に溶け込むことで、写真のような独特な水色に見えています。

 

氷河を眺めながらゆっくり下山

下りはスイッチバックを通らずに別のルートから下山です。

遠くに見える氷河を眺めながら、最後まで気を抜かずに歩いていきましょう。

下山にかかる時間は2〜2.5時間くらいです。

 

まとめ

旅行のパンフレットなどでよく見るレイクルイーズ。

湖畔から正面を写した写真は有名ですが、山の上から見るのはまた別の良さがあります。

合計5〜6時間のトレッキングですが、急な傾斜はごく一部しかありません

体力のない人でもゆっくりと歩けば問題なく頂上まで行くことができるので、興味のある人はぜひ挑戦してみて下さい。

不安な人はハイキングツアーに申し込めばガイドがしっかりとご案内するのでご安心を。

ハイキングツアーの申し込みは下記リンクから

VELTRAでハイキングツアーを予約する

 

こんな記事もあります

バンフのツアーガイドが宿泊ホテルにMoose Hotelをオススメする理由。 カナディアンロッキー旅行にオススメのガイドブックまとめ

コメントを残す