Amazonで「賢く」買い物する方法

カナダワーホリ、カフェで働きたい人は田舎に行くと仕事が見つかります。

カナダ ワーホリ カフェ 仕事

カナダでのワーホリで、仕事について疑問を持っている人に読んでもらいたい記事です。

  • 海外のおしゃれなカフェで働きたい
  • 英語を使った仕事がしたい
  • ジャパレス(日本食レストラン)で働きたくない

こんな希望を持っているを持っている人は、カナダの田舎に行くと希望がかないやすいです。

カナダワーホリ、カフェで働きたい人は田舎に行くと仕事が見つかりやすい理由

カナダの田舎は、都市部よりも仕事の競争率が低い

カフェの仕事にかかわらず、バンクーバーやトロントでは仕事を探すのに苦労します。

理由はかんたんで、都市部には人が集まるから。都市部では、仕事の量<労働者の数という状況なんですね。得にカナダは移民に国なので、労働人口は年々増えています。

残念ながら日本人ワーホリの英語力は高いとは言えないので、英語を当たり前に話す人と労働市場で比較されたら、まず採用されません。

ところが、田舎はちょっと状況が違います。カナダの田舎は、人手不足で街のいたるとこどで求人の張り紙をしているような状態なんです。

単純に、労働人口よりも求人数が多いので、希望する仕事に付きやすいというわけです。

カナダの田舎では日本人ワーホリの価値が高い

さらに、日本人は真面目で知られています。オーナーからの印象がいいので採用される確率が高いのだとか。これは日本人の強みので、レジュメにも真面目であることをアピールすると良いと思います。

カナダでカフェで働くなら、オススメの都市はバンフです

カナダでカフェで働くなら、オススメの都市はバンフです

バンフはカナダの山岳リゾートエリア

具体的にどんな街がいいかというと、オススメはバンフという街です。人口1万人強の小さな街ですが、世界中から観光客が訪れるのでレストランやカフェが多い(=カフェの求人も多い)のが特徴です。

特に夏の観光シーズンは常にひと不足なのでどのお店でも求人募集をしています。こういう売り手市場なら都市部のバンクーバーやトロントよりも自分の希望にあった仕事に付きやすいのです。

バンフは田舎だけど、自然好きには最高のロケーション

仕事を見つけやすいだけでなく、アウトドアが好きな人にとっては天国のような場所です。

街のが山に囲まれているので、休日はハイキングを楽しめます。また湖もたくさんあり、カヌーやラフティングもできます。

カナダワーホリをする人のほとんどが、一度は旅行にきたい場所、それがバンフという街です。せっかくのワーホリです、日本と同じような都市部の環境ではなく、こんなカナダならではの場所に住んでみるのもいいんじゃないでしょうか。

カナダ バンフ ワーホリ カヌー カフェ

カナダワーホリ、カフェで働くのに必要な最低限の英語力

カナダワーホリ、カフェで働くのに必要な最低限の英語力

田舎にいけばカフェの仕事につきやすいわけですが、とはいえ全く英語を話せないレベルでは厳しいのは事実です。

英語力が低いと、ジャパレス(日本食レストラン)でしか働けない?

ジャパレスでしか働けない、と断言はできませんが、カナダでワーホリをする上で英語が流暢に話せるにこしたことはありません。

独学で3ヶ月:ここで基礎を固めておくと後々はかどります。

仕事を辞めたあと、失業保険をもらいながら3ヶ月は日本で基礎的な英語の勉強をしました。まずは基礎から、ということで文法と単語を中心に。

DUO3.0という単語帳と、Forestという文法書を購入。とにかく毎日少しずつ読みました。ただ、この段階ではこれらの教材を使っても成長の実感は少なかったです。(決して無駄ではないです)

個人的に役に立ったのは、スタディサプリENGLISHというサービスです。英語の文法の授業を動画で試聴できるので、学校に通わなくてもいい。かなりオススメです。

授業は繰り返し見れるので、理解が深まりました。詳しくは以下を参考に。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH 

フィリピン留学で三ヶ月:効率高いです。オススメ。

日本で基本的な英語力をつけたあと、フィリピン留学で三ヶ月ブラッシュアップ。

わたしはバギオというフィリピンでも高地(標高1600メートル)にある街。ここは南国フィリピンなのに暑くないという勉強するのに最適な環境だったので選びました。

バギオはセブ島のようにビーチがありません。遊ぶところも少ないです。ということで、勉強に集中するにはいい環境でした。

フィリピン留学では会話を中心に勉強しました。フィリピン訛りの英語が不安でしたが、先生の発音はとても綺麗で問題なかったです。

そもそも私達の日本人訛りの英語はかなり強烈なので、数ヶ月の勉強ではネイティブ英語はおろかフィリピン英語に近づくことさえできません。

フィリピン留学で利用したエージェント(紹介割引10,000円あり)

フィリピン留学をするにあたり、DMM留学というエージェントを利用しました。個人的に申し込んでも、エージェントを通しても費用はかわらないので、何か問題があったときにアシストしてもらえるようにエージェントを通して申し込む方がいいと思います。

また、コチラの紹介サービスから申し込むと、1万円のキャッシュバックがあるので良かったら利用してください。

カナダでは学校に通わない:無駄が多いです。

カナダの語学学校は、高いです。フィリピン留学の倍以上します。生活も考えたら3倍以上するかもしれません。

にもかかわらず、授業数はフィリピン留学の半分以下。授業もマンツーマンではなくてグループ授業です。

費用が高く、効率も悪い。同じ費用をかけるならフィリピン留学の期間を伸ばすほうが効果的です。