冬のイエローナイフの服装について

日本からイエローナイフへの行き方|バンクーバーでの乗り継ぎや注意点など詳しく解説します。

この記事では、日本からイエローナイフへの行き方やバンクーバー空港での乗り継ぎの注意点などをまとめています。

  • 日本からイエローナイフってどうやって行くんだろう?
  • 乗り継ぎは何回あるのかな?

こんな疑問を持つ人に、現地ガイドがくわしく解説します。

日本からイエローナイフへの行き方

日本からイエローナイフへの行き方

日本からイエローナイフに行く場合、直行便はないのでバンクーバーで乗り継ぎがあります。

フライト時間は約9時間。

ロングフライトなので、機内で眠れるようしっかり準備をしていってくださいね。

AIR CANADAを利用する場合(直行便)

バンクーバー ≫ イエローナイフ

AIR CANADAを利用する場合は、バンクーバーからイエローナイフへの直行便があります。約2時間半のフライトになります。(バンクーバーとイエローナイフは時差があるので到着時間は+1時間になります。)

WEST JETを利用する場合(乗継あり)

バンクーバー ≫ カルガリー ≫ イエローナイフ

WEST JETを利用する場合は、カルガリー空港を経由します。乗り継ぎ時間も短いことが多いので、遅延することもしばしば。また、バンクーバーとカルガリーは時差があるので、乗り継ぎ時間の計算がすこし複雑になります。

AIR CANADAより安価な場合がありますが、あまりオススメはできません。

バンクーバー〜イエローナイフ便が夜の場合、運が良ければ飛行機からオーロラが見れる場合があります。わたしも一度だけ見たことがありますが、地上でみるのとは違った感動があります。

バンクーバーからイエローナイフの乗り継ぎと、注意すること。

バンクーバーからイエローナイフの乗り継ぎについて

日本からイエローナイフに行く場合、バンクーバーで荷物を受け取り、再度荷物のチェックインをする必要があります。(※スーツケースなどの預け荷物と手荷物、両方のチェックが必要です)

時間がかかるので、乗り継ぎ時間が3時間以下の場合は要注意です。

航空券を買うときは、必ず乗り継ぎ時間をチェックするようにしてください。

イエローナイフ空港からホテルへの行き方について

イエローナイフ空港からホテルへの行き方について

イエローナイフ空港からダウンタウン(中心街)までは車で10〜15分の距離です。歩いて行くのは無理のある距離なので、バスやタクシー、ツアー会社の送迎サービスを利用してください。

空港シャトルバス

イエローナイフの主要ホテルへは空港シャトルバスで移動することができます。ただし1時間に一本しか出ていないこと、また深夜到着の場合は運行していないのであまり便利ではありません

タクシー

タクシーを利用した場合、イエローナイフの主要ホテルへは20〜25ドルほどかかります。現金でもクレジットでも支払いは可能です。ボッタクリなどはまずありませんが、英語が苦手な人にはオススメしません。

現地ツアーの送迎サービス

一番のオススメは現地ツアーの送迎サービスです。

日本人ガイドが到着ロビーで待機しているので、空港でバス乗り場を探したりといった心配がありません。また、フライトに遅れがある場合でもその時間に合わせて迎えに来てもらえるので安心です。

送迎、ホテル、オーロラ鑑賞のお得なパッケージツアー

また、イエローナイフのツアー会社「Aurora Village」という会社では送迎サービス込みのオーロラツアーを取り扱っています。

Aurora Village パッケージプランの内容

  • 空港〜ホテルの行き帰りの送迎
  • 夜のオーロラツアー
  • レンタル防寒着
  • ホテルの手配

それぞれを個別で申し込むよりもかなりおトクな料金になるのでオススメです。

ツアーは夜のオーロラツアーのみ。日中のアクティビティツアーなどは個別で申し込めるので、興味のないツアーに参加する必要がないのもポイントです。

≫パッケージプランの詳細と料金はコチラ

ホテルはエクスプローラーホテルデイズ・インクオリティ・インの3つから選択できます。どのホテルもイエローナイフではハイクラスのホテルなので、安心して泊まることができます。

ホテルの様子や詳しい立地などは以下の記事をご参考に。

関連記事

  • エクスプローラーホテル(イエローナイフの最高級ホテル) についての記事
  • デイズ・イン(北米の有名ホテルチェーン) についての記事
  • クオリティ・イン(デイズインと同クラス、立地が良い) についての記事

まとめ

日本からイエローナイフの行き方、なんとなくイメージがついたのではないでしょうか?

イエローナイフのオーロラツアーはここ数年、世界各国から人気になっています。余裕をもって予約しておかない航空券やホテル料金が上がってしまうので、準備はお早めにしてくださいね!

ホテル付きプランの詳細と料金をみる