ワーホリ前の英語学習にフィリピン留学をオススメする3つの理由 経験から語ります。

この記事では、ワーホリ渡航前に少しでも英語力を伸ばすための方法としてフィリピン留学が最も効果的である理由を紹介します。

  • 独学の勉強じゃダメなのかな?
  • ワーホリ先の語学学校との違いは?
  • フィリピン人の英語は発音が不安です。

こんな疑問を持つ人は多いと思います。

わたしもフィリピン留学を経験していますが、同じようなことを思っていました。ということで、これまでに2回(ワーホリ前に3ヶ月、ワーホリ後に6ヶ月)フィリピン留学をした経験から、みなさんの疑問に答えていきます。

1.フィリピン留学はコスパが高い

日本で独学 vs フィリピン留学

お金をかけずに英語学習をするなら日本で独学がもっとも安く済みます。

今はオンライン英会話レッスンなどもあるので、日本にいながら英語を話す練習も可能です。

ではなぜフィリピン留学をするのか。それは、勉強しなければいけない環境です。人の心は弱いもので、強制されないとサボってしまいます。

「独学でお金はかからなかったけど、英語もまったく伸びなかった」ではコスパ以前の問題です。

自律的な勉強が出来る人は独学で。そうでない人はフィリピン留学がオススメです。

ワーホリ先の語学学校 vs フィリピン留学

わたしは、ワーホリ先の語学学校で英語を勉強することはオススメしていません。なぜならコスパが悪すぎるから。料金とサービスを比較してみましょう。

フィリピン留学 15〜20万円/月

授業(6コマ以上)、部屋、3度の食事

ワーホリ先の語学学校 15〜20万円/月

授業(3〜4コマ)

ワーホリ先は先進国が多いので、物価が高いので、生活費(部屋、食事、移動)に+15万円くらいかかります。フィリピン留学の2倍近くかかる計算です。

1番のネックは授業数の少なさです。英語初心者は、とにかくインプットが大切。授業が終わったに英語を使う機会がなければ、ただムダな時間になってしまいます。

加えて、フィリピン留学はほとんどがマンツーマン授業。ワーホリ先の語学学校は普通のグループ授業です。

ワーホリ先の語学学校はコスパが悪い。これが結論です。

2.ネイティブより教え方がうまい

「英語を習うならネイティブから習うべき」これは半分は正しいですが、半分は間違っています。

ネイティブの先生は発音がキレイですが、必ずしも教えるのが上手なわけではありません。なぜなら、ネイティブスピーカーは英語を勉強した経験がないから。母国語として英語を話す彼らには、英語が理解できないという感覚がわからないのです。

一方、フィリピン人は第二言語として英語を勉強しているので、英語を学ぶ大変さを知っています。根気よく丁寧に教えてくれるので、理解が深まります。

フィリピン人(特に女性)は世界的に勤勉で知られています。実際にフィリピン留学にいくと、彼らがいかに情熱を持って教えてくれるかわかるでしょう。

3.フィリピン人はイケメン、美女が多い

意外に思うかもしれませんが、フィリピン人は美形が多いです。

東南アジアのなかでも、美女・イケメン率はズバ抜けて高いです。これには理由があって、フィリピンは昔スペインの植民地だったので白人とのハーフが多いから。また、少し前まではアメリカ軍の基地があったので、同じようにハーフが増えました。

ハーフ=美形という方程式にハズレなしです。

日本人女性が世界的にモテるのは有名ですが、ここフィリピンでは日本人男性もけっこうモテます。

中にはお金目的の人もいるかもしれませんが、フィリピン人もバカではないので20代の日本人がお金を持っていないことくらい知っています。留学生がカモにされるという話は全く聞かないので安心して下さい。

英語力を伸ばすのに1番手っ取り早い方法は、外国人の恋人をつくること。そういう意味でも、フィリピン留学の学習効果は高いといえます。

フィリピン英語留学 よくある質問

フィリピン人の発音は訛っていると聞くけど大丈夫?

これは1番よくある質問ですが、結論からいうと大丈夫です。

フィリピン人は出稼ぎで外国で働く人が多いのを知っていいますか?国内に仕事がないというのが理由ですが、もうひとつ大きな理由として英語が話せるから外国で働けるというものがあります。

ということで、フィリピン人の英語が世界に通用することは証明されています。

付け加えると、語学学校の講師は平均的なフィリピン人より英語ができます。学校側も発音がキレイな人を雇うので、あまり心配する必要はありません。

フィリピン人講師の英語力を動画で見る

どうでしょう。彼らの発音に文句が言える人は、もはやフィリピン留学は必要ないレベルですね。

フィリピンの治安が不安。

フィリピン人はフレンドリーでいい人が多いです。

ただし危ないエリアはあるので、そういった場所に夜一人で出歩くことは止めましょう。夜遊びが好きな方は注意。

普通にフィリピン留学をしていれば、治安に関する不安はほとんどありません。

フィリピンの食事は日本人の口にあう?

食事に関する不満は、人によってはあるというのが実際のところです。

フィリピン留学では、住む部屋、食事、授業がセットになっている場合がほとんど。食事は学校の給食のようなシステム。(韓国資本の学校だったので辛い食事が多かったけど、苦手な人向けにノンスパイシーメニューがありました)

ごはん、肉or魚、サラダ、スープ、デザートといったバランスの取れたメニューなので、個人的には不満はありませんでした。

何ヶ月くらい留学すると英語が話せるようになる?

留学前のレベルとによります。

わたしは中学英語があやふやな状態でスタートし、2ヶ月目には日常会話レベルなら話せるようになりました。

ほとんどの人が2ヶ月で成長を感じ、3ヶ月目で更にブラッシュアップしていきます。4ヶ月以上はマンネリ化することが多く、学校を移動するなどリフレッシュが必要かもしれません。

よく聞く「スパルタコース」って何?

はっきりとした定義はないんですが、

  • 平日の外出禁止
  • 1日の授業が7コマ以上
  • English Only Policy(授業外も英語しか話してはいけない)

といったコースになります。

特にEnglish Only Policyは学習効果が高いですが、初心者には難しいので、ある程度話せるようになってからにしましょう。

フィリピン留学はどの都市がオススメ?

フィリピン留学=セブ島というイメージがついていますが、他の都市にもたくさんあります。

性格や目的によってオススメする都市は変わりますが、

とにかく英語を伸ばしたい人はバギオ(Baguio)という街をおすすめします。

遊びと勉強を半々くらいで、ゆるく勉強したい人はセブ島がいいでしょう。

さいごに

わたしの個人的経験から言えることは、フィリピン留学に行ったからこそワーホリが楽しめたということです。

英語ができれば友達が作りやすいし、仕事も選べます。外国人の恋人もできるかもしれません。

海外では、英語能力が生活のクオリティに直結します。最低限の英語が出来る状態でスタートを切ったほうが絶対に楽しめます。

フィリピン留学は、効率よく英語を学ぶならとても良い選択だと思うので、選択肢にいれてみてくださいね。

>>フィリピン留学について調べる