冬のイエローナイフの服装について

絶対にインスタ映えする湖、モレーンレイクの楽しみ方と行き方おしえます。

カナディアンロッキーの観光地のなかで、絶対に行ってほしい湖がモレーンレイクです。個人的には車でアクセスできる湖でもっとも美しい湖。バンフで「好きな湖アンケート」を地元住人にしたところ、モレーンレイクが一番になったので、その絶景っぷりは保証済みです。 この記事では、そんなモレーンレイクへの行き方や楽しみ方を紹介します。

モレーンレイクの場所・行き方

カナダ バンフ 観光 モレーンレイク バンフからモレーンレイクに行く方法は、大きく分けてふたつあります。 ひとつは現地ツアーに参加する方法。もうひとつはレンタカーをつかう方法。 残念ながらバンフとモレーンレイクをむすぶシャトルバスはありません。2017年は9月の黄葉シーズンに限りレイクルイーズとモレーンレイクを結ぶ無料シャトルバスがでていましたが、カナダ建国150週年で国立公園の入場料が無料化されて旅行者が多かった故の対応だったので、その後は期待できないでしょう。
補足情報
2018、2019年は、9/23~10/14の黄葉シーズンのみバンフからの直通バスがでていました。(往復チケットが20ドル)
現地ツアーの申し込みは下記リンクから モレーンレイクへのツアーの詳細・料金はコチラ

レンタカーで行く

バンフのダウンタウン(中心街)にあるレンタカー会社AVISで車を借りることができます。 ※日本人旅行者がレンタカーを借りるためにはパスポート、国際運転免許証が必要です。 1日のレンタルなら$40前後。ホテルに駐車場が無い場合でも、観光後に返すことができるので便利です。 他に保険代やガソリン代などがプラス$50ほどかかりますが、バスを利用するよりも時間に融通がきくのが良いですね。 バンフの街からモレーンレイクまでは1時間ほどで到着します。
注意
注意 7,8月のハイシーズンはモレーンレイクの駐車場が満車で入れないこともあります。もしも行く場合は朝7時くらいに到着できるように行って下さい。 また、モレーンレイクは10月上旬〜翌年6月中旬まで、道路封鎖のため車でアクセスできなくなります。

観光にかかる時間

レンタカーをつかった場合、移動時間ふくめ3~6時間は必要になります。 移動に往復2時間ほどかかります。

モレーンレイクの見どころ

湖畔と展望台

モレーンレイク 駐車場につくと、すぐ目の前にはモレーンレイクが広がっています。ここからの景色も良いんですけど、湖の正面に丘があるので登って下さい。 岩のガレキが積もった丘を登ります。階段が整備してあるので登山靴じゃなくても大丈夫。 モレーンレイクのマスコット(?)のピカです。 ピカとは、日本語でいうとナキウサギ。ネズミみたいに見えるけどウサギの仲間です。写真を見ると草をくわえているのがわかると思います。これ、冬の間のあたたかい寝床兼食料として、干し草を作っているんです。ピカは冬眠しないので、冬を越すための準備をしています。 ピカは警戒心が強く、臆病なので見れたらラッキーです。岩場のスキマを棲み家にしているので、よく見ていると見つかるかも。 丘を上っていくと、湖の反対側に広がる谷の様子をみることができます。谷に見えないかもしれないですが、凹んでいる部分は氷河が削ったあとにできた谷です。自然がつくったカナディアンロッキーのダイナミックな風景です。 丘の上の展望台までは10分もあればたどり着きます。上からみる湖はよりいっそう鮮やかなブルーに見えます。 モレーンレイク モレーンレイクは湖だけじゃなく、背後の山々テンピークスのカッコよさも際立ちます。 絶景すぎてズルい。 旧20ドル紙幣にも描かれています。カナダ人ならみんな知ってる湖、人気なのもうなずけます。 秋には周囲のカラマツが黄葉します。ラーチバレーというハイキングコースを歩くとこんな絶景の中歩くことができるのもモレーンレイクの人気の秘密。

カヌー

湖畔にはレンタルカヌー屋さんがあります。料金は95ドル/1時間と、バンフ国立公園で1番高い値段設定です。あのレイクルイーズよりも高い・・。ひとつのカヌーで2〜3人のることができます。 ライフジャケットを着用するのは義務です。これ守らないと罰金なので注意です。 水、キレイ過ぎですね。カナディアンロッキーの湖は氷河の解け水が流れ込んでいるため特殊な色をしています。条件が違うと湖によって色が変わるんですが、モレーンレイクの青色はダントツにキレイです。 モレーンレイク モレーンレイクでウエディングフォトを撮っている人もよく見かけます。 展望台の上からカヌーをみるとこんな感じ。湖に光が反射して、ただただ幻想的。

カフェとギフトショップ

湖のすぐ近くにロッジがあり、カフェやお土産さんになっています。 正直、ここじゃないと買えないものはあまりありません 強いて言うならピンバッチやステッカーくらいかな?

モレーンレイクに泊まる

この最高のロケーションをゆっくりと味わいたいという人はMoraine Lake Lodgeに泊まって下さい。 はっきり言って不便なところです。周りには何もありません。ただカナディアンロッキーの自然があるだけです。その何もないけど豊かで贅沢な自然に価値を見いだせる人ならMoraine Lake Lodgeは最高のホテルです。 こんなに不便なのに、超人気ホテルです。気になる方は早めに予約しましょう。 Moraine Lake Lodgeを予約する

バンフ旅行ではポケットWi-Fi持っていった方がいいです

バンフのダウンタウン(中心街)は、ホテルやカフェなどのお店に入らないとWi-Fiが使えません。街を歩いていて、ちょっとした情報を調べたいときにスマホを使って調べられないのって、不便ですよね。 ポケットWi-Fiを持っていれば、レストランやお土産屋さんの場所などをいつでもグーグルマップなどで調べることができます。また写真を撮ったらリアルタイムでInstagramなどのSNSに投稿できます。
MEMO
リアルタイムに投稿、チェックができないのって結構ストレスになるので、持っていった方が余計なストレスをためずに済みます。
個人的には、グローバルWiFiが使いやすいと思います。日本の出発空港で受け取り、返却ができるのが便利でいですね。
ウェブ上で事前予約しておくと少し安くなるので、早めに予約しておくことをオススメします。
グローバルWifiの事前予約はコチラ

コメントを残す